ランニングのコツ!3つの疲れない方法

あなたは、正しい姿勢でジョギングができていますか。

姿勢が悪いと怪我をする原因にもなりますし、そもそも疲れやすくなります。

マラソン選手のようなカッコいい姿勢で走ってみたくありませんか。

また、ジョギングを始めたのはいいけど

・長い距離を走れない

・すぐに疲れてしまう

そう悩んでいる方も多いと思います。

今回は、正しいジョギングの姿勢について3つのポイントで書いていきたいと思います。

 

自分の思うカッコいい姿を想像しよう

みなさんは、箱根駅伝やマラソンを見たことはありますか?

プロのランナーたちは、総じて走り方がカッコいいと思います。

走り方には、正しい姿勢があります。

正しい姿勢で走ることによって疲れにくくなり、長い距離を走ることができるようになります。

プロのランナーは、毎日練習をいるので体力がありますが、それだけではありません。

疲れにくい走り方を知っているからこそ早く走れるのです。

要するに、知っているか知っていないかだけです。

これは、学校では教えてくれません。

カッコよく走る第一歩は、あなたが思うカッコいい姿勢を頭の中で想像することです。

颯爽と走るランナーを想像してみてください。

どんな姿で走っていますか。

そのイメージを持って走ってみましょう。

これだけでも前の自分よりもはるかにカッコいい走り方になっていると思います。

なかなかマラソンをテレビで見る機会ないとは思いますが、

プロのランナーの真似から始めて見るものいいと思います。

 

ランニング中の目線は、3〜4メートル先を見るイメージ

走る時、目線を意識したことをありますか?

目線は、走る姿勢において最も重要なポイントです。

3〜4メートル先を見ることで

体が勝手にペース配分をしてくれます。

どれくらいのペースで走ればいいのか考えなくてもいいのです。

人の感覚というのは非常に優れていて

私たちが見ているところを目的地だと脳が勝手に認識してくれます。

3〜4メートル先を見て走ってみましょう。

しかし、住宅地などでは建物が近くにあり視線が近くに行きがちです。

そんな時は、目線と同じ位置くらいの高さを見てかつアゴを引いて走りましょう。

プロのランナーで顎を上げて走っている人を見たことがあるでしょうか。

アゴが上がるとそれだけで疲れる要因となります。

アゴを引いてなるべく遠くを見て走ることで、自然と長い距離を走るペース配分ができます。

目線について「ランニングの正しい姿勢は、目線で決まる」に詳しく書いてあるので興味のある方は見てください。

 

胸を突き出すイメーシで走る

走るときにおいて、猫背は疲れる原因です。

猫背になると、先ほど書いたように目線も近くなりますし

なによりカッコよくありません。

胸を張ると良いことが2点あります。

まず1点目は、体の重心が前になるため走るのが楽になります。

走り方を知らない人たちはなぜ疲れるのか。

それは、重力に逆らって無駄な体力を使っているためです。

走り方を知らないと、足を動かそうとします。

足を動かすと、足を前に出すエネルギーを消費していることになります。

では、体の上半身を前かがみにしたら体はどうなるでしょうか。

重力の影響を受けて勝手に前に進む。

意識しなくても足が出る状態になります。

胸をはるいうことは、自然に足が前に進む状態を作り出すのに適した姿勢だと言えます。

2点目は、腕の位置が適切になります。

ジョギングをする時、腕の位置を意識したことがありますか?

腕は、胸よりも後ろにあることが望ましいとされています。

よく言われているのが

「体の前で小太鼓をたたくイメージ」で腕を振れと言われます。

繰り返しになりますが、腕を胸より後ろにすることは自然と胸をはることに繋がります。

胸をるはることとで、自然と足が前に出るような姿勢を作り楽にランニングを行いましょう。

 

体の軸を意識する

ランニング中、無駄な動きをしていませんか。

体を左右に動かしたり、跳ねるように走ったりしていませんか。

人ぞれぞれの走り方が違います。

しかしながら、無駄な動きは長い時間走れない原因になります。

体が疲れやすいのでやめる原因にもなりやすいです。

体をブレずに走るコツは、体の軸に一本の幹があることを意識して走ることです

近年、体幹という言葉をよく耳にすると思います。

体の軸を強くするということは、体のバランスを整えることにも繋がります。

バランスがいいということは、無駄が少ないということですし、

無駄が少ないということは、比較的疲れにくいランニングが実現できるのです。

 

カッコいいランニングフォームは、理想的な走り方

ここまで、3つのポイントを説明してきましたが確認して見ましょう。

1、目線を遠くに置く

2、胸を張って走る

3、体の軸を意識する

他にも色々な視点から理想的な走り方を表現するものがありますが、全てこの3つに繋がる考え方です。

どうせランニングをするなら、楽にそして楽しく行いたいですよね。

上の3つを意識して一度走って見てください。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です