ダイエットの効果は食事で決まる

ダイエットをしたいなら運動じゃなく食事に気をつける

体重を減らしたいなら食事を変える必要があります。

毎日5キロ走っても、その後にバクバク食べてたら痩せるものも痩せれませんよね。

ただ意外とやっている方が多いんです。

人は何か頑張ったとき、ご褒美がほしくなります。

「今日は走ったからアイスでも食べるか」

とせっかく走った効果を無意味にしてしまうケースがあります。

運動することを否定しているわけではありません。

ダイエットが目的であれば食事に気をつけてもらいたいのです。

食事制限によって効果が出る期間が変わる

運動しはじめたけど効果が出ない。いつまでやれば効果が出るんだろ…

とお思いの方。

効果は、食事制限の仕方によって左右されます。

わかりやすい例で言えば、炭水化物をまったく取らなければ体重は短期間で減っていきます。

そのため、炭水化物を抑えている人は効果が出やすいと言えます。

しかしながら、私たちは炭水化物に含まれる糖質によってエネルギーを作り出し活動をしています。

体重が減ったのはいいものの、ぼーっとしたり疲れやすくなります。

ダイエットは、健康のためにやるのであって痩せるためではありません。

そのため、炭水化物を一切取らないというダイエットはおすすめしません。

代わりにおすすめするのは、摂取カロリーを気にして食事をするということです。

なぜ、食事を気にしなければ効果が出ないかというと、

運動して消費したカロリーより食事した時に摂取したカロリーの方が上回ってしまえばいくら運動しても体重は増えてきます。

よく考えれば当たり前のことですよね。

繰り返しになりますが、意外とやっている方が多いんです。

今、健康ブームということでどの商品の裏にもカロリーが書いてあります。

成人男性は1日2500キロカロリー、女性は2000キロカロリーを目安にして食事を調整する必要があります。

運動は太りにくい体を作る手段

ダイエットしたいと考えた時、特に男性は運動することを連想します。

間違いではないのですが、運動はダイエットに直接的に影響を与えません。

運動は、私たちの体質を変えるために行います。

代謝をあげるといえば分かりやすいでしょうか。

代謝が上がれば、普通に生活しているだけでもカロリーが消費され、太りにくい体になります。

年をとってくると代謝が落ちます。

そのため、なかなか痩せることができないんですね。

反対に、若いころは代謝がよかったためいくら食べても太らなかったわけです。

そのため、運動だけをしてもダイエットの効果は出ないんです。

ダイエットをした後に本当の効果が出ると言ってもいいと思います。

よく寝る、よく動く

私たちの体は、8割型水分で出来ています。

そのため、体内の水分量が体重に影響を与えるとこともあります。

そして、体内の水分は睡眠時に汗をかくことで調整されます。

もし寝不足だった場合、調整がうまくできてないため、体のなかに水分が多く含まれている状態になります。

しっかり睡眠をとらないと体重にも影響が出るわけです。

また同じく動くときにも汗をかきます。

まったく汗をかかないとなるとよくありません。

よく寝て、よく動く。

そうすることで体内の水分が調整されて適切な体重になっていきます。

運動+食事制限が一番

ダイエットの効果について書いていきましたが、まずは食事を気をつけること。

食事によって効果が出る時期が大きく変わっていきます。

炭水化物、タンパク質、脂質。

3大栄養素を中心にバランスよく食事をとりましょう。

それに加えて運動が出来たらなお効果が出ます。

運動は、ジョギングだけではありません。

みなさんが楽しくできるような運動を探してみてください。

食事+運動でダイエットしましょう!





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です