ダイエットは食べる時間帯で差が出る

ダイエットは食事制限が大切である。

これは事実です。

いくら運動をしても、食べるものが悪ければダイエットはできません。

食事制限を行うことで、体重は減っていきます。

あなたは、食べる時間も気にしているでしょうか?

なかなか結果が出ない人は、次に時間について気をつけてみましょう。

なぜ食べる時間が重要なのか

人の体には生活のリズムがあります。

リズムがあるからこそ夜になると眠くなり、お昼になるとお腹がすくんです。

そして、時間帯によって体内の活動の活発性も変わってきます。

当然、朝は活発に動いてますし、夜はその反対です。

もし、活動があまり行われていない夜に大量のカロリーを摂取してしまったらどうなるでしょうか?

その場合、カロリーを消費できずに脂肪に変わってしまいます。

いくら食事に気をつけてカロリーを抑えても時間を間違えると意味がなくなってしまいます。

反対に食べていい時間帯を理解していれば、ダイエット中に好きなものを食べることも可能です。

ダイエットは我慢の連続だと思います。

たまには好きなものを食べたいという気持ちが湧いてくる。

至極当然のことです。

食べる時間さえ間違えなければ、好きなものも食べることができます。

食べる時間の有効性が分かっていただけたでしょうか?

では説明していきます。

 

朝食は代謝をあげるために食べる

朝は、一日のスタートです。

朝の食事をしっかり整えることができれば、一日中快調な生活を行えます。

大切にしてもらいたいのは、食物繊維などを含む食品を多くとってもらいたいということです。

朝に食事をすると、代謝が良くなると言われています。

代謝をあげると消費カロリーが増え、運動をしなくても太りにくい体を作ることができます。

代謝は運動によって改善するイメージですが食べることによっても効果があります。

バナナやブロッコリーなどの食物繊維が豊富に含まれた食品を中心に食べましょう。

特に、バナナは腹持ちがいいので食べすぎの抑制にも効果があると思います。

 

夕食は控えめに

反対に夕食は控えめにしてください。

炭水化物のとりすぎはよくありません。

夜は、カロリーを消費することはありません。

そんなとき、炭水化物や脂ものを食べてしまうと消費しきれず体内にとどまってしまいます。

消費しきれなかったカロリーは、寝ているうちに脂肪に変えられてしまいます。

食べるのであれば少量、出来るだけカロリーの低いものをおすすめします。

こんにゃくや大根などはカロリーが少ないものであり、おでんなんかは夕食にぴったりだと言えます。

しかし、仕事などをしているとどうしても食事の時間が遅くなってしまいます。

そんなときは、夜は軽食で済ませて朝にしっかり食べるようにしましょう。

それだけ夕食にたくさん食べるということはダイエットにとって良くないことなのです。

 

昼ごはんが唯一の楽しむ時間

ダイエットをしていると無性に脂っこいものを食べたいだとか甘いものを食べたいと思いませんか?

私自身もダイエット中はその衝動にかられました。

その衝動はよく夜にやってくるんですが、そこはぐっと我慢してください。

お昼は、体が一番活発に活動している時間です。

ということは消費カロリーも多いということ。

あまりよくはありませんがカロリーの高いものは極力お昼ごはんに食べましょう。

忘れてはいけないのは、まだマシであるということです。

お昼だから食べても大丈夫だ!

というわけではありません。

繰り返しますが、マシなだけですのでモチベーションが保たれているうちは我慢をしてください。

 

食事制限の後は、時間制限

朝、昼、晩とそれぞれの違いを分かってもらえたでしょうか?

食べるものを気をつけるのは大切ですが、時間を気にすることでよりはやくダイエットの効果が得られると思います。

私も普段仕事をしているので、夜遅くにごはんを食べておりました。

いくらこんにゃくなどの低カロリーのものでも食べれば太る要因になります。

そこが分かっていなかったため痩せるのに時間がかかってしまいました。

食べる量を時間によって調整すれば、きっと結果も出てくると思います。

その勢いで頑張ってください!





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です