ダイエット中の夜ごはんは何を食べるべきか

ダイエット中の夜ごはんについて調べていると

夜ごはんは少なくした方がいい!

炭水化物はダメ!

などいろいろな情報に溢れ

誤った認識を持っている方が多くみえます。

今回は、ダイエット時の夜ごはんに対する正しい知識をつけていただくのと、何を食べるべきか書いていきたいと思います。

夜ごはんは抜いてはいけない。栄養素に気をつけた食事をしよう。

誤った認識の代表的な情報が

「夜ごはんは食べない方が痩せる」

というものです。

たしかに、食事を一食抜いているため痩せやすくはなりますが、効果は短期間です。

さらに、

「カロリーが低いものを食べた方がいい。」

というのも半分正解で、半分不正解です。

夜は、消費カロリーが少ないため食事に一番気をつかわなければいけません。

反対に、夜ごはんを正しく食べることができれば、ダイエットの効果がはやく出やすいとも言えます。

 

夜ごはんを抜いても、すぐにリバウンドする

上にも書きましたが、ダイエット中に夜ごはんを抜くのはやめてください。

何故なら、リバウンドしやすい体質になってしまうからです。

私たちの体は、適度な栄養補給を必要としています。

そのため、長時間食事をしないと栄養素を欲し、次の食事のときにいつも以上に栄養素を補給します。

本来であれば、食事をすることで細胞が活性化し代謝が上がるはずが、栄養補給のみに終わってしまいます。

これでは、ダイエットに逆効果になってしまいます。

また、食事によって代謝が上がらないためリバウンドしやすい体になってしまいます。

 

太る原因は、カロリーよりも栄養素にある

夜は、消費カロリーが少ないため、摂取するカロリーを少なくすることは必要です。

ただ、それ以上にどんな栄養をとるがダイエットにとって重要になってきます。

寝ているときに糖が消化されていないと、脂肪に変わります。

カロリーをいくら抑えても、糖を多く含んだ食事をしていれば逆効果にもなりかねません。

3大栄養素と言われる糖質、脂質、たんぱく質をバランスよく食べましょう。

また、ダイエット中の夜ごはんで気をつけることがあります。

1.野菜中心の食事

では、夜ごはんには何を食べるべきなのでしょうか?

まずは、野菜を中心としたおかずを食べることをお勧めします。

野菜には、ビタミンが含まれていますし、食物繊維も豊富です。

食物繊維は、消化をよくするためダイエットにも効果がある栄養素です。

また消化を良くすることで、老廃物を外に出すため体重の減少にも役立ちます。

2.炭水化物は控えめに

糖が多く含まれるのは、炭水化物です。

たまに、ダブルで炭水化物を食べている人もいらっしゃいますが夜は絶対にやめてください。

極力、少量にし良く噛んで食べるようにしてください。

しかし、糖は体を動かすエネルギー源となるため一切食べないのはお勧めしません。

3.消化のいいものを食べる

脂肪がつく原因は、就寝時に消化しきれてない栄養素があるときに形成されます。

そのため、少しでも消化が進むように消化のいい食べ物を選びましょう。

 

なるべくはやい時間帯に食べる

食べる時間が遅くなればなるほど、消化する時間が短くなります。

できるだけはやい時間に食べて、消化を助けましょう。

どうしても食べる時間が遅くなる場合は、消化しやすいものを少量食べ、朝ごはんをしっかり食べましょう。

食べてすぐ寝るのは一番よくありません。

 

まとめ

夜ごはんに対しての正しい知識をつけていただけたでしょうか?

まとめると

・夜ごはんは抜かない

・カロリーと栄養素を気にする

・バランスのいい食事をする

ということです。

夜ごはんを改善し、ダイエットを成功させましょう!!

 





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です