ヒゲそりを見直すのもメンズスキンケア対策には必要!ヒゲそりの正しい方法

あなたは、毎日のヒゲそりで肌荒れをおこしていませんか?

あなたのヒゲそりは、間違っているかもしれません。

正しいタイミング、方法を学ぶことでキレイな肌を目指しましょう!

肌は、あなたの印象を左右します。

中身も大切ですが、外身にも磨きをかけましょう。

今回は、ヒゲそりの方法について書いていきます。

ヒゲそりは、起床後10〜20分の間にやる

ヒゲそりにおいて肌荒れを起こしにくい時間は

起床後10〜20分です。

寝起きだと寝ぼけて肌を傷つけそう…

と考えているあなた

一度試してください!

起きたばかりの肌は、膨張しており普段よりもハリがある状態です。

ハリがあるためヒゲがスムーズに剃ることができ、しっかりケアを行えば肌への負担も少なく済みます。

夜、入浴時にヒゲを剃る方もいます。

確かにお風呂の温度によってヒゲが柔らかくてなっており、剃りやすい感覚になります。

しかし、夜の肌は疲れによって調子が悪くカミソリに耐えきれない場合もあります。

そのため、寝起きでヒゲそりを行う方がいいのです。

他にも、寝起きでヒゲそりを剃ることで目が覚めやすくなったり、清潔な顔で出社することができます。

ヒゲの濃い方は、夜剃っても朝にはすでにヒゲが生えているなんてことありますよね?

肌のためにも、あなたの印象のためにも寝起き10〜20分の間にヒゲそりを行いましょう。

カミソリでヒゲを剃るなら、まず毛が生えている方向を確認する

ヒゲそりには、カミソリか電気シェーバーのどちらかを使うと思います。

それぞれ使い方が違うため、一つずつ説明します。

まずはカミソリです。

カミソリのメリットとしては、ヒゲがよく剃れます。

最近の電気シェーバーもよく剃れますが、カミソリほどではないですね。

ヒゲの濃い方は、どうしてもカミソリを使うことになるのではないでしょうか?

カミソリを使う時の注意点は、

最初に、毛の流れにそってカミソリを当てた後、逆剃りをする点です。

最初から逆剃りをしてしまうと肌へのダメージが大きくなってしまいます。

ヒゲを剃る前に、ヒゲの生え方を確認して流れにそってカミソリを当てる。

そして、最後に逆剃りをすることが重要です。

いくらヒゲを柔らかくしても、肌へダメージを与えます。

ダメージを最小限に抑えるため守るべきことは守ってください。

電気シェーバーは逆剃りをする

反対に、電気シェーバーは初めから逆剃りを行います。

電気シェーバーのメリットは、刃が直接肌に当たらないためダメージが少なく済みます。

ヒゲが薄い方は、電気シェーバーで十分です。

ヒゲの濃い方だとなかなか剃れなくて、何度もヒゲそりを行なっているうちに肌荒れをおこしてしまった…

というケースもあります。

カミソリと電気シェーバーそれぞれにメリットとデメリットがあり、どちらも試してみることをお勧めします。

電気シェーバーは、肌を濡らさずに使用できますが、ウェットシェービングが理想的です。

ヒゲが硬いままシェービングすると、うまく剃れなかったヒゲが肌にダメージを与えることもあります。

シェーバーと言えども、ヒゲを柔らかくしてから逆剃りをしましょう。

ヒゲそり後のケアも忘れずに

男性の方で多いのが、ヒゲそり後のケアを怠ったいる人。

もしくは、適当に行なっている人です。

ヒゲそりを行なったときは、ヒゲだけでなく肌を守る角質層や水分も一緒に落としています。

ヒゲそりが直接的な影響を与えなくても、水分が足りてない肌は、肌荒れの原因となります。

ヒゲを剃った後は、冷たい水でしっかり洗い流し、化粧水と乳液を肌につけましょう。

まとめ

ヒゲそりの正しい方法が、分かってもらえたでしょうか?

人によっては毎日行わないといけないヒゲそり。

ヒゲそりを変えるだけで、肌の状態が変わってくると思います。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です