【計算法】ランニングの消費カロリーは10㎞走って600kcalになる!

ダイエット中でカロリーを意識されている方にとって

ランニングによって消費できるカロリーがどうすれば多くのなるのか気になると思います。

ランニングはダイエットに対して効果を発揮できるのでしょうか?

今回は、ランニングとカロリーの関係性について書いていきます。

ランニングによって消費できるカロリーはどれくらいか?

ランニングによる消費カロリーはおおよそ計算することができます。

【計算式】

体重(kg)×距離(㎞)=消費カロリー(kcal)

となります。

つまり、体重60kgの人が10㎞走った場合の消費カロリーは600kcalとなり、

走った時間はカロリーには関係がないということになります。

そのためこの計算上は、いくら長い時間走っても距離が短ければ消費カロリーは増えないということになります。

成人男性の1日の基礎代謝は1500kcal、成人女性は1200kcalであるため

摂取カロリーが基礎代謝とランニングによる消費カロリーを越えなければ太ることはないという計算になります。

ただ、あくまでも計算上の話であり、またカロリーだけが体型を決めるわけではありません。

一つの目安として食べすぎた日には〇〇㎞走るというのを決めておくのもいいかもしれません。

1日にランニングする量は、その日の摂取カロリーよって決める

では、カロリーの計算方法がわかったことで1日に走るべき距離は

何㎞になるでしょうか?

男性の場合で考えてみます。(体重は60kg)

男性の基礎代謝は1500kcal。

成人男性1日当たりの摂取カロリーは1500~2000kcalと言われています。

もし仮に基礎代謝と摂取カロリーが同じ1500kcalであるのにも関わらず

男性は余分にビールを飲んでしまいました。

中ジョッキのビールは大体500kcalであるため

ランニングによってカロリーを消費しようと思うと

体重60kg×距離9㎞=540kcal

であるため

およそ9㎞走らなければいけません。

このように摂取カロリーから計算することで1日走るべき距離が分かります。

効率的なランニングで消費カロリーを増やす

ただ簡単に10㎞や20㎞なんて走れないですよね。

そのためには、できるだけ体力を使わず効率的に走る必要があります。

効率的に走るポイントとしては

1、着地を体の真下で行うイメージで走る

足の着地は、体の真下でするイメージを持ってください。

体より前で着地をすると、ブレーキをかける形になり余計な体力を使うことになります。

体の真下で足裏全体で着地することで効率よく進むことができます。

2、股関節を使って走る

ランニングは、お尻や太ももなど体の大きな筋肉を使うことによって長い距離を走ることができます。

そのためお尻や太ももの筋肉に近い股関節を動かすイメージで走ることによって次第に距離が伸びてくるようになります。

間違えてもふくらはぎなどの小さな筋肉に頼って走らないでください。

筋肉痛や怪我に繋がってしまいます。

まとめ

ランニングによる消費カロリーは

体重(kg)×距離(㎞)=消費カロリー(kcal)

によって計算できます。

ダイエット目的の方は、ぜひランニングも取り入れてみてください。

ランニングは、カロリーを消費してくれるだけでなく

基礎代謝もあげてくれます。

ランニングによって太りにくい体を作ることで理想的な体型を手にいれましょう





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です