ランニングのカロリー消費量は、距離で決まる

「毎日ランニングしてるけど、なかなか痩せれない」

そんなあなたは、毎日どれくらい走ってますか?

ランニングする時間を決めることは、継続する上で非常に重要です。

ただ、消費カロリーを増やしたいのであれば距離にもこだわってください。

痩せれない理由は、ランニングする距離に問題があるかもしれません。

消費カロリーは、距離によって決まる

「カロリーってランニング中ならいつでも消費してるんじゃないの?」

とお思いのあなた

正しいですが、消費する量は変わってきます。

あなたの体重が50kgだと仮定します。

もし、5kmランニングした場合

消費カロリーは、50kg×5km=250kcal

となります。

「あなたの体重×距離=消費カロリー」

です。

そのため、5kgを何分でランニングしてもカロリーは変化しないわけです。

カロリーを多く消費したい人は、長い距離を走れば走るほど多くなります。

消費カロリーを多くするには、正しい走り方で楽に長く走る

長い距離をランニングするには、正しいランニングフォームで走ることをお勧めします。

正しいフォームで走れば、疲れにくいですし、走るスピードも速いため距離も伸びます。

いくつかフォームについて参考にするものはありますが、

まずは「お尻」を使ったランニングを心がけてください。

お尻という大きな筋肉を動かして、体全体を動かすイメージです。

お尻を使った走り方については、◯◯で詳しく書いてあるので参考にしてください。

時間を目標にする人は、食事を気をつける

ここまで、距離について書いてきましたが

ランニングを時間を決めて走ることも体にとっては、

非常にいいことです。

距離が少ないと消費カロリー自体も少なくなってしまいますが、筋肉は動き続けていため血液の流れが活性化し、代謝がよくなります。

代謝が良くなれば、運動しなくてもカロリーを消費する体になります。

そのため、ダイエット目的にランニングをされている方であればリバウンド対策にもなります。

ただ、食事だけには注意が必要です。

距離を走っていないため、摂取カロリーを少なくないとダイエットの効果は見込まれません。

ランニングを始めても痩せられない方の多くは、食事にまで気をつけて使えてない方です。

どうしても長い距離を走れない方は、食事に気をつけてください。

効率よくダイエットしたいなら、ペース配分をきをつける。

距離を走ろうと、少し無理をして走ると脂肪が燃焼されなくなりダイエットの効果がなくなる可能性があります。

人の体は、心拍数が120回/分を超えると脂肪燃焼をしなくなってしまいます。

せっかく走っているのに、脂肪が燃えてないのはもったいないですよね?

距離を伸ばして消費カロリーを増やしたい気持ちもわかりますが、

無理をすると筋肉痛になったり、脂肪を燃えなくなるため

あなたの適度なペースで走りましょう。

走りながら会話ができる程度のペースが最適です。

痩せる方法は、消費カロリーを増やすことだけじゃない

ランニングを行うことで、痩せることはできます。

しかし、消費カロリーを増やすことだけがダイエットではありません。

食べるものや普段の生活にも気をつかうことで、より、一層痩せるスピードは速くなると思います。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です