ランニングシューズの寿命は、体重によって変わるのか

ランニングシューズってどれくらい持つの?

体重が重いと早めに買い替えたほうがいいの?

そうお思いのあなた!

ランニングシューズは、走る人の体重によって劣化が左右されることはありません。

人それぞれの走り方によって、買い替えるタイミングは変わってきます。

今回は、ランニングシューズの買い替えどきについて書いていきます。

ランニングシューズは、あなたの体を守る

まず、ランニングシューズを履く意味について考えていきましょう。

ランニング中、私たちの足にはどれくらいの負担がかかっていると思いますか?

およそ体重の3倍もの負担がかかっていると言われています。

ランニングシューズは、足にかかる負担をできるだけ少なくするために履いています。

もし、スニーカー等で長時間走れば怪我をする恐れもあるでしょう。

ランニングシューズは、あなたの体を守るために履いているのです。

そのため、正しい頻度でシューズの買い替えを行うことで怪我の防止に繋がるのです。

ランニングの走行距離は、500~1000㎞が目安

一般的に、ランニングシューズの寿命は走行距離500~1000㎞言われています。

どんなに物持ちのいい方でも、1000㎞以上走ると本来の効果を発揮できなくなるというわけです。

しかし、走行距離を覚えておくのは難しいですよね。

今では、アプリ等で走行距離を記録しておけるものがあるので有効に利用していきましょう。

また、毎回走る距離が決まっている人は回数を決めて、買い替え時期を検討してみるといいかもしれません。

ランニングシューズのソールが擦り、中の素材が見えたら買い替えどき

ランニングシューズには、アウトソールとミドルソールがあります。

アウトソールとは、言葉の通りシューズの外側についているソールであり私たちが見えているソールです。

ミドルソールとは、反対にアウトソールの中に入っているものであります。

ソールのクッション性は、この2つのソールから成り立っており私たちの体の負担を軽減してくれます。

しかし、走る回数を重ねるごとにソールはすり減っっていきます。

アウトソールがすり減り、ミドルソールが見えてきたら本来あるべき効果が得られなくなった証拠であり、買い替えどきであると言えます。

定期的に、シューズの裏を確認し購入時には見えなかったソールが見え始めたら買い替えるようにしましょう。

ランニングシューズが歪んできたら買い替えどき

今、あなたが履いているランニングシューズを平らなところに置いてみましょう。

シューズが傾いてはいませんか?

人の走り方には癖があります。

右足だけソールが擦れる人やかかとが擦れやすい人もいます。

一部分だけに、すり減りが集中するとシューズが傾きます。

シューズが傾いたままランニングをしていると体のバランスが崩れ、筋肉痛に繋がる恐れもあります。

一見、綺麗そうに見えてもランニングシューズの歪みがあるせいで怪我をする可能性もあります。

勿体無いと思わず、シューズが歪んでいたら買い替えましょう。

ランニングシューズの素材が劣化してきたら買い替えどき

ランニングシューズは、使用しなくても劣化していきます。

これを、素材の経年劣化と言います。

ソールに使われているウレタンゴムなどは、置いておくだけでも劣化する素材です。ランニングシューズも立派な消耗品というわけです。

しかし、素材の劣化はあなたのケア次第で防ぐことができます。

簡単にまとめると

・使用後、日陰にほす

・表面の汚れを取る

・定期的に水洗いをする

現在のランニングシューズは、非常に軽いものの耐久性が弱いものもあります。

水洗いするときも、優しく洗うようにしてください。

また、保管場所も風通しの良い場所をお勧めします。

久しぶりにランニングをしようと思ってシューズを履いたら壊れていたということが起きたらショックですよね。

簡単にでもいいので、ケアをするようにしてください。

まとめ

ランニングシューズの買い替えどきはわかってもらえたでしょうか?

シューズの劣化は、体重によって変わるものではなく、走り方に依存します。

気持ちよくランニングを続けて行くにはシューズのメンテナンスも大切です。

買い替えどきをまとめると

1、走行距離が500~1000㎞に達した時

2、ソールがすり減ってきた時

3、シューズが歪んだ時

4、しばらくほかっておいた時

以上の時は、買い替えを検討してみましょう。

消耗したランニングシューズを使い続けると怪我の元になります。

思い切ってシューズを買い替え、気持ち新たに走り始めましょう!





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です