ランニング中におすすめな音楽アプリ3選

ランニング中ただ走るだけでは退屈なときもあります。

そんなとき気分を変えてくれるのが「音楽」です。

気分が上がらないとき、あなたの好きな音楽が聞こえてきたら

テンションが上がり、もうひと頑張りできるはずです。

今回は、ランニング中におすすめする音楽アプリを紹介します。

Spotify(スポティファイ)

まず一つ目は、2008年スウェーデンで開始された音楽配信サービス「Spotify」です。

世界で1億人を超えるユーザを持ち、世界最大手と言われています。

日本では2016年からサービスが提供開始されました。

ランナーにおすすめな点は、4000万以上ある楽曲のほとんどを「無料」で聴けるという点です。

制限はあるものの、他の有料音楽アプリに比べると大きなアドバンテージがあります。

ランニングの一つの魅力である「低コスト」で行うことができるというメリットに一番合った音楽アプリとも言えます。

無料で聞く際には、数局再生するたびに広告が流れるなどの制限があるものの

ランニング中に少し音楽を聴きたいという方にとっては気にならない程度です。

また、無料だと聞く曲はシャッフルのみの再生となります。

このような制限が気になる、または日常生活でも利用する頻度が高い方は月額980円(学割480円)を利用してみてください。

Apple music(アップルミュージック)

次に、Appleが提供している「Apple music」です。

最大の特徴は、iOSに統合されており標準の「ミュージック」アプリから利用できることです。

もともとiTunesなどを利用している方がいれば、スマホとPCを一括管理できるようになります。

すでにiTunesを利用している方にとっては、Apple musicがいいかもしれません。

またランニング中におすすめの機能として「レコメンド機能」があります。

レコメンド機能とは、再生した曲やハートをつけた曲を学習しユーザーの趣向にあわせた音楽を表示する「For You」を筆頭に似ている曲を流し続ける機能です。

あなたの好みの曲や気分に合った曲を選曲してくれるため、気分転換や新しいジャンルの曲に出会えるかもしれません。

Apple musicは、月額980円(学割480円)とSpotifyと同額ですが、ファミリープランというものがあり家族最大6人まで利用ができ月額1480円というものもあります。

子供さんなども利用されるのであれば、ファミリープランがおすすめです。

LINE MUSIC(ラインミュージック)

最後に、LINE、ソニー・ミュージックエンターテイメント、エイベックス・デジタルの3社が中心となって立ち上げた音楽サービスLINE MUSICです。

ランナーにとっておすすめする機能としては、お気に入りの曲をLINEの友達にシェアできる機能です。

ランニング中に励まされた曲や元気が出た曲をランニング友達にもシェアしたいと思いませんか?

LINE MUSICであればシェアされた曲やアルバム、プレイリストは、トーク画面やタイムラインからすぐに聴くことができます。

LINE MUSICを利用するためにはチケットを購入します。

チケットは、時間無制限で月額960円の「プレミアムプラン」、月20時間まで聴けて月額500円の「ベーシックプラン」の2種類があります。

ただチケットの購入をしなくても30秒の視聴できるので、聴きたい曲があれば手軽に試せることもいい点です。

まとめ

今回は、

・Spotify

・Apple music

・LINE MUSIC

の3つをランニング中におすすめなアプリとして挙げました。

SpotifyやLINE MUSICに関しては、無料で試すことができるため一度3つともを利用してみるといいと思います。

ランニング中、音楽はリズム感を取り戻させる効果もあり競技以外の目的で行う方にとっては強い味方になります。

好きな音楽を聴いて楽しいランニングを行いましょう。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です