夏の朝ランは怪我のリスクが少なく久しぶりの運動に適している!

夏にランニングを行なって体調が悪くなった経験はないでしょうか。

体が動く夏は、飛ばし過ぎでオーバーペースになりがちです。

夏ランニングを行うのであれば、朝ランがおすすめです。

朝ランニングを行うと、一日の生活リズムができ脳も活性化します。

今回は、夏の朝ランの効果と注意点について書いていきます。

 

夏に朝ランを行うと発汗力が高まり夏バテ対策になる

夏に朝ランニングを行うメリットは、

 

・発汗力が高まり夏バテ対策になる

・代謝が良くなり痩せやすくなる

・久しぶりにランニングを行なっても怪我のリスクが低い

 

夏は、暑いため運動することを避けがちだが、あえて体を動かすことで得られるメリットがあります。

一つずつ紹介します。

 

発汗力が高まり夏バテ対策になる

夏は気温が高く、汗をかきやすい状態にあります。

そのため、水分補給も十分な水分補給が必要だが、その分発汗力が高まりやすいのです。

夏場は、冷房のきいた部屋に長時間いることが多く、汗をかく機会が減ってしまいます。

発汗力が弱まると、いざ外に出てた場合、汗による体温調節ができないため夏バテや調子が悪くなることがあります。

比較的気温の高くない朝にランニングを行うことで、熱中症のリスクを下げながらも発汗力を高めることで夏バテ対策を行います。

 

代謝が良くなり痩せやすくなる

夏にランニングを行うと、代謝がよくなり痩せやすくなります。

多くの人が運動によって汗をかき体重が落ちるため、汗をかけば痩せることができると思っていますが、それは違います。

ランニングによってかいた汗は、ほとんどが水分であり、水分を摂れば体重は戻ってしまいます。

痩せるためには、脂肪を燃焼させなければいけません。

夏は気温が高いため体温が上がりやすく、体内の脂肪も燃えやすい状況にあります。

また、ランニング後も気温によって体温が下がらないため脂肪の燃焼が終わったあとも続くことになります。

そのため、夏にランニングを行うことはダイエットにとっても効果があるのです。

 

久しぶりにランニングを行なっても怪我のリスクが低い

気温が高いことが、怪我のリスクも減少させます。

そのため、ランニングを始めたいけどなかなか踏み出せない人は、夏場にランニングを始めるといいです。

久しぶりに運動をすると体が硬くなっているため、怪我をしやすいです。

しかし、夏場であれば体がすぐに温まるため、怪我のリスクが減ります。

 

夏の朝ランは、水分補給だけでなく栄養補給もしっかり行う

夏場のランニングはメリットもあるが、注意すべきところもあります。

夏にランニングを行う人が減少するもの、注意すべきところが多いためです。

だが、要点さえ押さえておけば熱中症になることもなありません。

夏のランニングで注意すべき点は、

・走る前に水分補給と軽食をとる

・決して無理はしないこと

・時間帯は、気温の低い朝か夜に走ること

この3点に注意してほしいです。

メリットの時同様、一つずつ紹介していきます。

 

走る前に水分補給と軽食をとること

夏の朝ランで一番重要なのは、水分補給と栄養補給です。

夏場は汗を大量にかくため、こまめな水分補給が必要です。

できればランニング中も水分補給できるように、ドリンクを持っていくといいです。

それか途中で自動販売機で水を購入してもいいです。

とにかくこまめな水分補給が大切です。

走る前の水分補給も一度に大量の水分を補給するのではなく、数回に分けて水分を飲むとより体内に水分が浸透しやすくなります。

また、走る前の栄養補給も重要です。

朝目覚めた時は、お腹の中には何も食べ物はない状態にあります。

体内にエネルギーを作るための栄養素がない状態で激しい運動をすると、めまいや気分が悪くなることがあります。

夏場は、多くのエネルギーを消費するためより一層栄養補給が重要になります。

走る前に、おにぎりやバナナを食べておくことで走るエネルギーの元となる栄養を摂取する必要です。

 

決して無理はしないこと

どの季節でも当てはまるが、夏の朝ランは特に体調に注意をしてほしいです。

ランニングするとき、常に体調がいいわけではありません。

たまには、体がだるかったり、足が重かったりします。

そんな時は、無理をせずにゆっくり休むことをおすすめします。

発汗力を高めるのも、ダイエットも週1、2回で十分に効果があります。

健康のためにランニングを行なっているのに、体調を崩してしまっては本末転倒です。

走り始めて体調の変化を感じたら、ジョギングに変更するなど臨機応変に対応してほしいです。

 

時間帯は、気温の低い朝か夜に走ること

最後に注意するべき点は、時間帯です。

今回は、朝ランを推奨しているが、時間が合わない人は夜のランニングでも構いません。

一番してはいけないのが、気温が一番高い昼間にランニングを行うことです。

夏場の昼に走ることは体調をあえて悪くしている行為に近いです。

できるだけ気温の低い時間帯を選び、ランニングを行なってほしいです。

 

まとめ

夏の朝ランは、あなたの体にとってメリットも多いが、注意するべき点もあります。

ただ、夏場にこそ体を動かして健康的な体を作る機会にしてほしいです。

ランニングなど運動で一番怖いのは、怪我です。

怪我のリスクが低い夏に運動する体にしておくことで、1年を通して動きやすい状態になります。

なかなか運動できない人は、ぜひこの夏に朝ランを始めてほしいです。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です