夜食べすぎる癖を直すならランニングしかない!!

太るとわかっていてもついついお菓子に手が伸びてしまう。

そんな経験をしたことがありませんか?

食べすぎを防ぐためには、ランニングをしかありません。

なぜランニングが食べすぎるクセを直すために効果があるのでしょうか?

 

夜食べすぎるのは意思が弱いからではない

夜の過食で悩んでいる方に多いのは、自分の意思が弱いから食べすぎを防ぐことができないと考えていることです。

一つ言えるのは、ついつい食べてしまうのはあなたの意思が弱いからではありません。

体内のホルモンが大きく関係しています。

 

食欲が抑えれないのは、ホルモンが関係している

私たちの体脂肪からは、「レプチン」という食欲抑制ホルモンが分泌されています。

脂肪細胞からレプチンが分泌されると満腹感を感じやすくなり食べすぎを防ぎます。

しかし、ここで一つ疑問が出てきます。

「体脂肪からレプチンが出ているのであれば、太っている人の方が食欲が少ないのでは?」という疑問です。

なぜ食欲抑制ホルモンのレプチンが多く分泌されているにも関わらず、食べすぎが起きてしまうのでしょうか?

 

太っている人は満腹感が得にくい

人の体には、レプチンを受け取る受容体があるのですが、太っている人は受容体がうまく機能しなくなっています。

体からあまりにも多くのレプチンが送られてくるため、壊れてしまった状態になっています。

そのため、体脂肪からいくらホルモンが分泌されていても反応できず、満腹感を得にくくなってしまいます。

そのため、夜食べすぎてしまうのは意思が弱いからではなく、人の体の仕組みに原因があったのです。

 

ストレスを抱えていると食欲が抑えられない

食欲には、ストレスも大きく関係しています。

夕方になると、空腹ホルモンが分泌され、お腹が減ってきますが、ストレスを感じていると食欲を抑えようという意思が弱くなってしまうためついつい食べすぎることになります。

ストレスを感じない環境にするか、ストレスを発散させるかが食欲を抑えるためには必要です。

 

食べすぎを防ぐためにはランニングしかない

ではどうすれば食べすぎを防ぐことができるのでしょうか?

対策法は、いくつかありますが根本的に解決するためには「ランニング」しかありません。

なぜランニングなのでしょうか?

 

ランニングをしてリラックス効果を得る

ランニングのようなリズム運動をすることでセロトニンというホルモンが分泌されます。

セロトニンは、ストレス発散や耐性をつけるために効果があるホルモンであり、多く分泌されるとリラックス効果があります。

食べすぎる原因はストレスによるものであり、ランニングをしてストレスを解消することでドカ食いや間食を減らすことができます。

なぜランニングがストレス発散に効果があるのか詳しく知りたい人は、ランニングでストレス解消できるを見てください。

 

ランニングで脂肪を燃焼させる

上でも書いたように、脂肪がついていると食欲抑制ホルモンである「レプチン」を受け取りにくくなります。

そのため、食べすぎをなくそうとするのであれば脂肪を減らす必要があります。

有酸素運動であるランニングは、脂肪を燃やすために効果があります。

ランニングでダイエットができる!

 

ランニングは夜行うべき

では、食欲を抑えるためにランニングはどのように行うべきなのでしょうか?

 

夕食の前に走る

走る時間に拘束がない方は、夕食の前にランニングをするべきです。

夕食前は空腹状態であるため脂肪が燃えやすい環境にあり、さらには夕食の量も少なくできます。

走った後は、夕食をしっかり食べると間食も減っていきます。

夜走るなら食事の前に走れ!

 

無理せず走る

脂肪を効率的に燃やすためには、意識的にゆっくり走るべきです。

息が上がるほど激しく走ってしまうと、脂肪ではなく糖質を燃焼させてしまいます。

脂肪燃焼させるためには、鼻歌が歌えるくらいの軽いランニングを行いましょう。

 

継続して30分走る

人の体は走り始めてすぐに脂肪が燃え始めるわけではありません。

継続して30分くらい体を動かして、やっと脂肪燃焼が始まります。

そのため、時間的に余裕があれば30分以上ランニングするようにしましょう。

 

まとめ

夜ついつい食べすぎてしまうのは、意思が弱いためではありません。

人の体の構造上、仕方のないことなのです。

食べすぎをなくすためには、ランニングをして体質を変えていくしかありません。

この機会に運動をして健康的な体になりましょう。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です