夜エアコンをかけても体がダルくならない簡単な方法

夜エアコンを強めにかけないと暑くていられない、、、

クーラーのかかった部屋にいすぎると、体が不調を感じることもあります。

冷房を強めにかけないといられない人は、汗による体温調節ができていないかもしれません。

夏野菜と夜ランニングで体温調節機能を高めましょう。

エアコンのかかった部屋に長時間いるとなぜだるく感じるの?

外が暑いため、冷房のよくきいた部屋に長時間いると体がだるく感じることがあります。

これは、寒暖差による自律神経の乱れによっておこります。

体は、夏になると暑さに耐えれるように体温調節機能を高めます。

その中で、24、25℃の涼しい環境に長時間いると、体の自律神経がおかしくなり体の不調に繋がります。

冷房の効いた部屋にいると発汗力が下がり、体温の調節をうまくできなくなります。

そのため、急に暑い外に出ると、熱を体の外に出すことができなくなり熱中症にもなりやすくなります。

では、どうすればいいでしょうか?

夏野菜を食べて体温をコントロールする

夏に起きる体のだるさや熱中症には、「夏野菜」を多く食べることが効果的です。

夏野菜には、カリウムと水分が豊富に含まれており、利尿作用を高めます。

尿を出すことによって、体に溜まった熱を出し、体温調節をします。

夏場は、食欲も少なくなりがちであり、食べやすい夏野菜がありがたい存在です。

夏野菜は、きゅうり、トマト、ピーマンなどがあります。

そのまま食べてもいいし、調理しても美味しく食べることができるでしょう。

夜ランニングをして発汗力を高める

次に、熱中症対策に「夜ランニング」を行うべきです。

日中など日が出ているときは、気温や体感温度が高くなるため走るなら夜がいいです。

ランニングを行うこと、体の発汗力を高め、体温調節機能を高める効果があります。

うまく汗がかけないと、体温がどんどん高くなり、熱中症になりやすいのです。

日頃運動をして、汗をかくことを習慣にすることで激しい気温差にも耐えることができます。

また、夏場のランニングは他の季節よりも痩せやすい傾向にあります。

気温が高いことで、基礎代謝が上がりやすく、脂肪が燃焼しやすいのです。

夏に「夜ランニング」を行うことで

・発汗力を高め、熱中症対策

・基礎代謝を上げて、ダイエット

の2つの効果を得ることができます。

まとめ

エアコンの効いた部屋にしか暑くていれないという人は、体の不調を感じやすいのです。

夏バテや熱中症になる前に「夏野菜」と「夜ランニング」を行うといいです。

どちらも夏バテ対策だけでなく、体にいい行為であります。

夏を乗り切るためにも、健康で元気な体づくりを行おう。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です