夜空腹を感じるのには理由があった!ランニングで空腹感をなくそう

夕食を食べたのに、夜お腹がすく、、、

そんな時は、空腹感を紛らわすために「夜ランニング」をするといいです。

夜ランニングには、空腹感を紛らわすだけでなく

・睡眠の質を上げる

・痩せやすくなる

などの効果もあります。

夜お菓子を食べるくらいなら、ランニングで軽い運動をするべきです。

 

夜の空服の原因は、睡眠と食事にある

なぜ、夕食を食べたのに寝る前になると空腹を感じるのか?

理由は3つあります。

睡眠不足

睡眠が足りてないと、食欲に対するホルモンが乱れ、お腹が満たされていても空腹を感じることがあります。

 

夕食に炭水化物が多い

炭水化物が食べてからすぐにエネルギーに変わるため、消化されやすいです。

そのため、空腹を感じやすくなります。

 

水分不足

水分が足りていない場合も、空腹を感じやすくなります。

食事の時にはしっかり水分をとる必要です。

 

しっかり夕食を食べていても、睡眠の質が悪かったり、食事内容が悪いと空腹を感じることがあるのだ。

 

夜ランニングをして空腹感を紛らわせる

空腹感をなくすためには、ランニングのような軽い運動がいいです。

夜にランニングを行う方法としては、

・息が上がらない程度に走る

・できるだけ明るいところを走る

・水分をよく摂る

ということに注意するべきです。

空腹時に激しい運動をすると、腹痛になることもあります。

また、夜心拍数を上げてしまうと、寝れなくなる場合も、、、

そのため、ランニングはゆっくりしたペースでいいのです。

他にも、何かあった場合に助けを呼べるように明るい場所を走るべきですし、運動するため水分を多めにとっておくことも必要です。

夜ランニングはストレス発散にも効果がある!

 

夜ランニングすると空腹感をなくせるだけでなく、ダイエット効果もある

今、夜の空腹をしのぐためにこのブログを見ているということは、少なからずダイエットにも興味があるはずです。

夜のランニングには効果が3つあって

 

空腹感を抑える

運動することにより、血圧が上がり空腹感を感じにくくなります。

 

睡眠の質が上がる

運動をすることによって、交感神経が刺激されます。

交感神経が刺激された後、2〜3時間後に睡魔がやってきて質のいい睡眠ができます。

 

痩せやすくなる

ランニングのような有酸素運動をすると、代謝が上がり痩せやすくなります。

また、体内の糖も消費してくれるため脂肪がつきにくくなる効果もあります。

 

夜ランニングをすることには、以上の効果が見込まれます。

空腹感を抑えるために、

・噛みごたえあるものを食べる

・温かい飲み物を飲む

など他にも方法はあるが、痩せることを考えると軽いランニングが一番いいです。

夕食前のランニングで更なるダイエット効果が見込める?

 

まとめ

夜にお腹が空くことは、よくあることです。

まずは、食生活など生活習慣を見直す必要がありますが、ついでに夜ランニングを初めてみるといいです。

2、3ヶ月も続けると体質にも変化が出て、空腹すら感じなくなるかもしれません。

「夜ランニング」で健康な体を目指しましょう。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です