夜ランニングするなら食事の前に走れ!!【痩せたい女性必見】

ダイエットは女性の永遠のテーマとよく言われます。

多くの人は、運動する時間がなく夜にランニングなどの運動を行うと思います。

では、夜走るとき「いつ」「何を」食べるべきなのでしょうか?

答えは、痩せたいなら「走った後」に「たんぱく質中心」の食事を摂るべきです。

今回は、夜ランニングするときの食事について書いていきます。

夜ランニングのススメ!効果や注意点・おすすめグッズを解説!

ランニング初心者必見!ランナーに役立つブログ11選!




夜ランニングするなら食事の前に走る

夜ランニングするなら食事の前走るの?それとも後に走るの?と疑問に思われる方もいると思います。

ダイエット目的で運動をしているのなら、食事の前に走るべきです。

なぜ食事の前に走るべきなのでしょうか?

脂肪が燃焼しやすい環境にある

1つ目の理由は、食事の前であれば脂肪が燃焼しやすい環境にあることです。

なぜ食べる前だと脂肪が燃えやすいのでしょう?

それは、糖質などの栄養素が昼の間に消費されているためです。

人が活動するとき、糖質や脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出すのですが、消費される順番が「糖質→脂肪」という流れになっています。

そのため、食後に運動をしても体内に活動するに十分な糖があり、脂肪燃焼まで行き着かないもしくは時間がかかることがあります。

反対に、昼ごはんから時間がたっている夕食前だと、比較的体の中の糖質は少なく、脂肪が燃えやすく、燃えるまでにかかる時間も短くすみます。

忙しい中、隙間の時間でランニングする人にとっては脂肪燃焼までの時間が短くなるのは嬉しいことですよね!

そのため、ダイエット目的で走るのであれば食事の前に走るべきです。

ランニング後食事で栄養補給ができる

もう一つの理由は、ランニングで消費した栄養素を夕食によって補給できるところです。

みなさんは、夜は太るからあまり食べたくないと思っていませんか?

確かに、夜は一日の中で一番消費カロリーが少ない時間帯であるためあまりカロリー量の高い食事は避けるべきかもしれません。

ただ、食事はしっかり摂るべきであり、それは食事の後のランニングでも同じことが言えます。

もし、食事の後に走るのであっても軽食によって栄養補給をしなければならないため、痩せたいと考えている人には向いていません。

食事と栄養補給を同時に行うためにも食事の前に走ることが効率的です。

 

夜ランニングの後の食事は何を食べるべきなのか?

ここまでで、食事の前に走るべきことは理解していただけたと思います。

では、走った後の食事は何を食べるべきなのでしょうか?

 

疲労回復のためにたんぱく質を多めにとる

ランニングに興味がある方は、よく耳にすると思いますが走った後はたんぱく質を多めに摂取するべきです。

なぜ運動後たんぱく質を摂取するべきなのでしょうか?

それは、眠っているときに疲労回復や筋肉の修復を円滑に行うために必要な成分だからです。

特に、たんぱく質の一部であるアミノ酸は必要不可欠です。

もし、アミノ酸が不足してしまうとランニングで傷ついた筋組織の修復が停滞してしまい、筋肉量が減ってしまう。

そうなると、基礎代謝の低い、太りやすい体質になってしまいます。

せっかく走ったのに太りやすい体質になってしまっては本末転倒ですよね?

そのため、しっかりたんぱく質を摂る必要があります。

具体例

・卵

・赤身肉

・赤身魚

・納豆

・大豆

・ジャガイモ

・魚介類

 

たんぱく質をスムーズに機能させるために糖質も摂る

みなさんは、夜に糖質をとると太ると思っていませんか?

確かに摂りすぎると太り原因になることもありますが、ごはん1杯分くらいは最低でも食べておきたいところです。

運動した後は、糖質をエネルギーをして消費していることと、不足するとたんぱく質をうまく機能させることができなくなってしまいます。

筋肉の修復や疲労回復を助けるためにも最低限の糖質の摂取は必要になってきます。

ただ、注意したいのがパンやパスタなど脂質が多く含まれるものや、調理に脂が使われるものは極力避けご飯やイモ類などから摂るすると太りにくくなります。




夜ランニングするときの食事の注意点は?

夕食を食べる前に、ランニングを行うと脂肪を燃焼しやすいのは上でも書きましたが、走る前と走った後どちらにも注意点があります。

走る前に空腹を感じたら軽食を取る

走る前に、空腹を感じたらおにぎりやバナナなどで軽食を取りましょう。

痩せたいのに走る前に食べたら体重が増えてしまう!と考える方もいると思います。

しかし、空腹のまま走ると、気分が悪くなったり、疲れやすくなるのです。

食べるものとしては、バナナなどのように固形なものよく、エネルギーに変換されやすく走る力となります。

そのため、夕食を食べる前に走るつもりで、空腹を感じたら軽く胃に食べ物を入れておきましょう。

 

走った後はすぐに食事をする

走った後は、すぐに食事をとると疲労回復がはやくなります。

走った後は、体の栄養素が少なくなっており、補給が必要です。

もし、すぐ補給しなかった場合、筋肉の疲労回復が遅れ、筋肉痛になりやすくなります。

食べる前に走るのであれば、終わった後はやめに食事を取りましょう。

 

夕食後に夜ランニングするなら、夕食でしっかり糖質を摂る

ここまで夜ランニングは食事の前に行うメリットを書いてきましたが、家族がいる人にとって食事の前に走るのが難しい人もいると思います。

そんな人は、夕食後に走るのであればしっかり糖質を摂取するべきです。

夕食後、ランニングをする方は体力向上や筋力増強を目的にしている方が多く、食事は糖質をしっかり摂取する必要があります。

また、ダイエットをするにしても走るエネルギーを糖質によって補給する必要があります。

ただ、食べずぎは良くないため、腹8分目ほどで済ませておくのが理想的です。

あまりお腹をいっぱいにすると、体が重く感じたり、腹痛になることもあります。

食事してから2~3時間ほど時間をあけてからランニングするようにしましょう。

食べたものを消化しきるまで、2時間くらいかかると言われており、消化している状態で体を動かしてしまうと、消化器官い集まっていた血液が全身に流れるため、消化が遅れてしまいます。

そして、消化できなかったものが、体が重くなる原因となってしまうため、食後ランニングをする場合は、少し時間をあけて走利ましょう。

 

まとめ

夜のランニングにおいて、食事は非常に大切になってきます。

特にダイエットにおいては、運動することより食事の方が重要です。

ランニング+食事を組み合わせることによって更なる効果が見込まれ、より早く効果が得られるでしょう!





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です