夜ランニングするとき食事はいつとるべきなのか?

「夜走るとき、いつ食事をするべきなのか?」

ランニングを行う人にとって食事のタイミングは最大の悩みです。

夜ランニングの場合は、走った後に食事を摂るべきです!!

なぜ、食事の前に走るべきなのでしょうか?

今回は、ランニングの時の食事について書いていきます。

夜ランニングするなら食事の前がベスト!

夜 ランニング

みなさんは、夜ランニングするとき食べる前か食べた後どちらで走っているでしょうか?

効率よくランニングを効果を得るためには

食べる前に走ると効率的にダイエットをすることができます。

なぜ夕食の前に走るべきなのでしょうか?

それは、脂肪燃焼までにかかる時間が少なく済むためです。

夜ごはんの前は、間食をしていない限り空腹であることがほとんどだと思います。

空腹のときは、私たちの体には糖などのエネルギーを作るための栄養素が少ない状況であります。

運動をするとき体が燃焼させる栄養素の順番としては、、、

糖 →   グリコーゲン →  脂肪

という流れでエネルギーを作っていきます。

食前は、空腹状態であるため、体内に糖やグリコーゲンが少ない状態にあります。

そのため、少ない運動で脂肪が燃え始めるというわけです。

だから食べる前に走ると、脂肪燃焼の効率がいいのです。

【夜ランニング】食前に走れば痩せれる!?

2018.05.05

夕食前走るときの注意点

夜ランニング 注意点

ただ、極端な空腹状態で走るのは注意が必要で、無理をすると気分が悪くなることもあります。

では、夕食前に走るとき何を注意するべきなのでしょうか?

走る前に軽食をとる

まずは、走る前に空腹を感じたら軽く食事を摂るとより効率的に脂肪を燃焼させることができます。

ランニングするのに食べてしまったら太るのでは?と思う方もいるでしょう。

そこで食べたからといって太ることはなく、走ることで消化され、また走った後の食事量を抑えることもできます。

軽食をとる効果としては、

・脂肪を燃焼させるエネルギー源を摂取できる

・気分が悪くなったり、低血糖症を予防できる

・走った時にだるさを感じにくくなる

・夕食の量が減る

などが挙げられます。

一番のメリットは、脂肪を燃焼させるエネルギー源を摂ることができることです。

脂肪を燃焼させるにも、エネルギーが必要になります。

極端な空腹状態だと燃やすエネルギーもなく、最悪の場合低血糖症になることもあるのです。

一番危険なのは、体内の糖が少ない状態でランニングをすることです。

食べるものは、おにぎりやバナナなどがいいです。

息が上がるほどのランニングはしない

もう一つ気をつけるべきところは、激しい運動は避けることです。

夜のランニングは、寝る2時間前までに行えば睡眠の質を高める効果があります。

しかし、激しい運動を行なってしまうと体が活性化してしまい寝れなくなることがあります。

夜体を動かすときは、ほどほどにしておきましょう。

夜のランニングで睡眠の質を高めることができる!

2018.08.04

寝る前にランニングすると寝れなくなる?【忙しい人必見!】

2018.07.02

効率よく痩せるための3つの方法

夜 ランニング 効率的

せっかくランニングするなら早く結果が欲しいものです。

ではどうすれば効率的に脂肪を燃焼させることができるでしょうか?

その方法は3つあります。

走る前に筋トレする

走る前に筋トレを行うことで、ランニング中の脂肪燃焼までかかる時間を少なくすることができます。

上にも書いたように、脂肪が燃え始めるには先に糖とグリコーゲンを消化する必要があります。

消化を促すには、糖とグリコーゲンを分解するホルモンを分泌する必要がありますが、そのホルモンは「筋トレ」を行うことによって分泌されます。

筋トレの種類としては、

・スクワット

・腕立て伏せ

・腹筋運動

など体の大きな筋肉を刺激するものが効果があります。

回数は、その人が限界と感じる範囲で設定するといいです。

やり方としては、

1、スクワットを限界と感じるまで行う

2、30秒以内に次の種目(腕立て伏せや腹筋)を行う

3、これを15~20分繰り返す

やるときには、各筋肉への負荷を意識しながら、ゆっくり正確に行うことで刺激を強くすることができます。

走る前の筋トレによって、糖とグリコーゲンが消化され、少ない時間でもランニングの効果が出ます。

 

ゆっくり走る

みなさんは、どれくらいのペースでランニングを行っていますか?

もしかして息がきれるほどのペースで走っていないでしょうか?

夜ランニングする時に、激しい運動を行うと睡眠の質が悪くなることもありおすすめはしません。

さらに、ダイエット効果も少なくなってしまいます。

脂肪を効率的に燃焼させたければ、ゆっくり走るべきです。

余裕を持ってランニングをすることで、脂肪燃焼が高まりますし、また長い時間運動を続けることもできます。

 

30分は継続して走る

最後の方法は、30分は継続して走ることです。

あなたは、何分継続して体を動かしていますか?

繰り返しになりますが、燃焼は糖→脂肪の順番で行われます。

脂肪が燃焼し始めるまで30分程度かかると言われており、それまで継続的な運動が必要です。

途中にウォーキングに変更してもいいため、継続して体を動かすとより痩せやすくなります。

 

夜ランニング後の食事はしっかり食べる!

夜ランニング 食事

ダイエット目的で走っていると、夜ランニングの後の食事を抜きがちです。

ただ、それはランニングの効率を悪くしてしまいます。

走った後の食事は、脂質は避けるべきですが、たんぱく質と糖質は摂取するべきです。

たんぱく質は、寝ているとき間に行われる疲労回復や筋肉の修復などを円滑にするために必要な成分であり、特にアミノ酸(たんぱく質に含まれている成分)が不可欠です。

アミノ酸が不足してしまうと、ランニングによって破壊された筋組織の修復が停滞してしまいます。

筋肉量が減ってしまい、基礎代謝の低い、太りやすい体質になってしまうのです。

また、糖質の補給も不可欠です。

量は少しでもいいが、ご飯なら茶碗1杯程度は食べたいところであり、ランニングによって、消費した糖を補わないと、体に疲れが残りやすくなります。

夜ランニングの後におすすめする食品としては、

・白米

・白身魚

・鳥ササミ

・温泉卵

・温野菜

などが挙げられます。

夜だからと言って、食事をしないのは避けた方がいいです。

 

遅い時間に走っても食事はとるべき!

夜ランニング 遅い時間

夜ランニングするという人は、仕事や家事で忙しい方がほとんどです。

中には、子供を寝かしつけてから走るから夜遅くなること人もいるでしょう。

そんな人たちの疑問が「夜遅くにランニングした後、食事をしてもいいの?」というものです。

これは、「遅い時間でも必ず食事で栄養補給を行うべき!」です。

なぜなら、ランニングによって疲労が溜まった筋肉に栄養を与えないと痛みや疲れが残るからです。

ただ、食べすぎると太りやすくなるためできるだけ効率よく摂取するべきです。

たんぱく質を多く含むプロテインや小ぶりなおにぎり程度で済ませるのがいいでしょう。

 

まとめ

夜ランニングをする時は、食べる前に走ることで効率的に痩せることができます。

また、たとえ遅い時間になっても、走った後の栄養補給は必ず行いましょう。

夜のランニングは、ダイエット効果だけでなく、睡眠の質を高める効果などがあります。

他の効果も気になる方は、夜ランニングのススメ!効果や注意点を見てください。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です