夜走るだけ!寝ているとき足がつらなくなる簡単な方法

寝ているときに、足がつって起きてしまう、、、

このような悩みを抱えた人が、多くいます。

夜足がつる原因は、

①筋肉疲労

②血流障害

寝ているときに足がつらないためには、「夜にランニング」すると効果があります。

今回は、寝ているときに足がつる人がどう対処するべきか書いていきます。

 

夜足がつるのは、運動不足による筋力低下からくる

足がつる原因は、2つあります。

まず一つは、「筋肉疲労」です。

激しい運動をした際に、よく起こるものです。

ただ、筋肉疲労が日常生活でも十分に起きます。

普段運動をしない人は、元々の筋力が弱く、疲労しやすいのです。

また、肥満などにより足に負担がかかる方も、足が疲れやすい傾向にあります。

そのため、筋力が弱い人は運動をしなくても、生活の中で筋肉疲労が起き、寝ているときに足がつることがあります。

 

加齢による血流障害によって夜足がつることがある

2つ目の原因は、「血流障害」によって起きるものです。

加齢によって、体内の血の巡りは悪くなっていきます。

ふくらはぎなどに、血液が送られないと足がつりやすくなるのです。

そのため、運動をせず1日全く活動をしなくても、血のめぐりが悪ければ足がつることがあります。

特に、外に出歩いてないのに、夜足がつる人は血流障害が原因かもしれません。

寝ているときに足がつるのは、睡眠の妨げになり、できればなくしたいところです。

では、どうすればなくすことができるのでしょうか?

 

夜ランニングで足がつるのを防ぐ

足がつらなくするためには、「夜ランニング」が効果的です。

「夜運動したら余計につりやすくなるのでは?」とお思いの方もいると思いますが、ランニングの強度を下げることで筋肉疲労を少なくします。

夜にランニングするメリットとしては、

①運動不足解消

②血流が良くなる

③痩せやすくなる

があります。

夜ランニングによって、日頃から運動する習慣をつけ、血行をよくすることで足がつるのを防ぐことができます。

ただ、注意してもらいたいのが「息があがるくらいまで走る必要はない」ということです。

運動の強度を上げてしまうと、夜激しい痛みが出るかもしれません。

鼻歌が歌えるくらいのゆっくりしたペースで走るべきです。

 

まとめ

寝ているときに足がつって起きるのは、睡眠の質も下がりストレスの原因にもなります。

ストレスがたまると、血流も悪くなり、足がつりやすくなるという悪循環に陥ります。

体を軽く動かすだけでも、血流がよくなり、ストレスの発散にもなります。

まずは、無理せず体を動かす習慣を身につけよう。

 





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です