【抜け毛対策】スロージョギングで頭皮の血行促進を促す!

世の多くの男性が「抜け毛」に悩まされています。

抜け毛に悩んでいるのであれば、ゆっくりランニングをするスロージョグを行うと効果があります。

スロージョグには

・血行促進効果

・ストレス解消

・睡眠の質を上げる

という効果があります。

抜け毛の原因は、睡眠不足やストレスからくる頭皮の血行不良から起きるものが多いです。

そのため、血行促進効果やストレス解消に効果があるスロージョグは抜け毛に対して効果があると言えます。

今回は、抜け毛対策にスロージョグがどんな効果があるのか書いていきます。

 

抜け毛は、頭皮の血行不良により髪に栄養素が届かなくなるため起こる

まず、スロージョグの効果の前になぜ抜け毛が起きるのかを書いていきます。

抜け毛の原因は、

・睡眠不足

・食生活

・ストレス

などから生じます。

私たちは、睡眠中に成長ホルモンを体内で分泌し、体の回復や髪の回復に役立てています。

しかし、睡眠量が少なく成長ホルモンの分泌が減少してしまうと髪の回復まで行き渡らないのです。

髪に栄養素が送られないと、どんどん髪の毛が細くなり弱くなって抜けてしまいます。

食生活の乱れも抜け毛に影響します。

食生活で油ものを多く食べたり、偏った食生活をしていると血行不良や皮脂の分泌が増加します。

体全体の血行が悪くなると、髪の毛に栄養素が送られず抜け毛の要因となります。

最後に、ストレスも抜け毛の原因となります。

ストレスによって自立神経のバランスが乱れると、血管が縮小します。

また、内臓脂肪が低下し、育毛に役立つ成分の吸収率が低下することにより抜け毛の原因となります。

このように、抜け毛の原因は睡眠、食生活、ストレスなどからくる血行不良から起きるものです。

「抜け毛予防のためのランニングとは?」

 

スロージョグで血行を促進して抜け毛対策を行う

ではスロージョグを行うと抜け毛にとってどんな効果があるのでしょうか?

まずは、スロージョグには「血行促進」効果があります。

スロージョグ中は、血圧や心拍数が当然上昇し、血流量も増加します。

そのため、安静時や歩行時よりも血管内皮機能を向上させて全身の血液循環の改善が期待できます。

血管内皮機能とは、全身を巡る血管の最も内側の層にある血管内皮細胞のことであり、血管の健康状態を維持する上で非常に重要な役割を果たしているものです。

スロージョグでは、血管内皮機能の向上も相まって全身の血液循環が改善するため、疲労物質の排出効果が高まるので、結果的に疲労回復力も高まると言えます。

また、頭皮の血行も促進され髪の毛に十分な栄養素が送られることで髪の毛が活性化し抜け毛対策になります。

ただ、スロージョグの強度をあまり強くしすぎるのはよくありません。

スロージョグ程度の強度では、交感神経の緊張もそれほど高まらないため、自律神経系にも優しく、疲れていても行うことができます。

ただし、高強度でトレーニングを行なってしまうと、交換神経の緊張が高まり、ホルモンの分泌が増加するため血圧の上昇が起こり血管への負担が大きくなってしまうのです。

「スロージョグ を行うメリットは何?」

 

スロージョグで自律神経を整え、ストレス解消とストレス耐性をつける

ストレスは、抜け毛の原因となります。

何故なら、自立神経のバランスを乱し血管を縮小させてしまうため血行が悪くなってしまうからです。

スロージョグは、自律神経を整える働きもあります。

そもそもランニングやサイクリングなどの有酸素運動は一般的に気分の改善、ストレス解消に効果があるとされてきました。

スロージョグ においても同様の効果が得られます。

日常生活の様々な出来事が原因で、ひどく落ち込んだときなどの症状の緩和やリラックス効果も期待できます。

また、スロージョグ のように単純なリズムを繰り返す運動は「セロトニン」と呼ばれる心を落ち着かせる働きを持つホルモンの分泌を盛んにするため、自律神経のバランスの調整にも効果があります。

スロージョグ によってリラックス効果や自律神経のバランスを整えることによって、血管の収縮を防ぐことができます。

日常生活でどうしてもストレスを感じてしまうのであれば、週1、2回のスロージョグ を勧めます。

定期的にストレスを発散させることで抜け毛対策にもなります。

「スロージョグ のストレス解消についてもっと詳しく知りたい人はこちら!」

 

睡眠の質を上げることで抜け毛対策を行う

睡眠不足は、体や髪の回復力を低下させ、抜け毛の原因となってしまいます。

スロージョグ を行うことで、睡眠の質をあげ回復力を高めます。

現代の日本人は、1日中忙しく脳をフル回転させ、深夜になっても明るい照明のもとで生活しています。

本来であれば、周囲が暗くなっていく中で自然に副交感神経(休眠モードの自律神経)が優位となり、眠りに落ちるというメカニズムで成り立っています。

しかし、現代のビジネスパーソンはいつまでも交換神経が優位に働いている状態であり、質のいい睡眠ができていない状態です。

そんな時に、有効なのがスロージョグ です。

運動をすることで一旦交換神経を活性化させ、その反動で副交換神経を誘導することで快眠を得られることが期待できるためです。

質のいい睡眠を行うことできれば、睡眠中に成長ホルモンが多く分泌され体の疲労回復や髪の毛に栄養素が送られることになり、抜け毛予防となります。

「夜のスロージョグ の注意点は?」

 

スロージョグ は、あえてゆっくりランニングを行う運動

では、スロージョグ はどのように行うべきなのでしょうか?

スロージョグ の目安は、

・ペースは8~9分/キロを目安に走る

・心拍数は130泊/分をキープ

・距離を目標にするのではなく、30分~1時間程度の時間で行う

ことが大切です。

スロージョグ のスピードは、ジョギングと速足の中間くらいです。

あまりピンとこないのであれば、1キロを8~9分で走ることを意識しましょう。

一度走ってみるとわかるがかなりゆっくりしたペースであります。

あえてゆっくり走ることで、有酸素運動を促し血行をよくすることで抜け毛予防を行っていきます。

もし、心拍数を測れるようなものがあるとしたら1分間で130拍を目安にスロージョグ を行うといいです。

心拍数が上がりすぎてしまうと、血管にダメージを与えてしまうとともに、自律神経を過度に刺激してしまうため、睡眠にも影響が出てきます。

特に夜スロージョグ を行うつもりであれば、なおさら心拍数は気をつけるべきです。

最後に、スロージョグ を行う際の目標は、距離ではなく時間で行うことです。

忙しいビジネスパーソンにとって時間が読めない運動は、続けることが難しくなってしまいます。

スロージョグ はあくまでも体の血行をよくするものであり、カロリーなどはあまり気にしていません。

30分~1時間運動をすることで、体質に変化をもたらす効果があります。

スロージョグ にはどんな効果があるのか?」

 

まとめ

あえてゆっくりランニングをするスロージョグ は、

・血行促進

・ストレス解消

・睡眠の質を上げる

ことに効果があり、抜け毛対策にもなります。

いつも忙しい人でも、時間も短く、あまり疲れないスロージョグ は続けやすいのです。

体を動かして抜け毛対策を行いましょう。

 






夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です