楽して痩せる方法は…

楽をして痩せる方法

そんなものはありません!

誰もが痩せたいと思った時

・楽して痩せたい

・運動せずに痩せたい

・今のままの生活を変えずに痩せたい

などと思うはずです。

世の中そんなに甘くありません。

おそらく私に言われなくてもあなたが一番分かっているのではないでしょうか。

痩せるということは、ただ体型が変わることだけではありません。

人生が変わると思ってください。

大げさではありません。

スリムな体になれば着たいと思う服も変わってきますし、

積極的に外に出たいと思うようになります。

痩せたいと思っているあなたは、心の何処かでそういった生活に憧れを持っているのではないでしょうか。

この記事を書こうと思ったきっかけは

ライザップのCMをみたからです。

理想的な体型になった人の顔は、ものすごい明るい顔をしていました。

「CMだからいいとこばっか見せているだけだ」

と思っている方。

確かにそうかもしれません。

しかし、私には痩せたことで心の中まで明るくなった気がしました。

前置きがかなり長くなってしましましたが

今回は、痩せるための方法について書いていきたいと思います。

 

食事制限と筋トレを同時に行おう

今回は、本気で痩せたいと思っている方向けの記事になります。

初心者向けの記事であれば

食事制限のみをお勧めするのですが

同時に筋トレも行うことで、痩せることに加えて痩せにくい体にしていきたいと思います。

まずは、食事からです。

食事は、ダイエットにとって基盤となるものです。

いくら運動をしたからといって食事を気をつけていなければ痩せることはできません。

その理由は、カロリーにあります。

もし、運動によって消費したカロリーより食事による摂取カロリーに方が上回っていれば痩せるどころか太っていきます。

よくランニングや筋トレをして、全然体重が減らないと文句を言っている人を見かけますが、大抵ランニングをした後にバクバクご飯を食べていたりします。

その人が痩せれないのは、ランニングのせいではなく自分自身の食生活であります。

食事というのはそれだけ大切です。

日々私たちが食べたものが体を形成しているのですから当たり前のことです。

今、あなたの現状はあなたの食生活によって作り出されたものであることをしっかり認識しておくべきです。

食事において気をつけるべきことを2つにまとめます。

1、量に気をつける

太っている人は、総じて食べ過ぎです。

人は、お腹がいっぱいにならなくても十分生きていけます。

大切なのは、食べる量ではなく何を食べるのかです。

最初に見直すべきは食事の量です。

昼食に菓子パンとカップラーメンとか食べてないですか?

ダブル炭水化物は体にとって悪でしかありません。

食事はお腹を満たすために行うものではないことを認識してください。

必要な栄養素を摂取するために行うものです。

2、3大栄養素+ビタミンを摂取する

では、どんな栄養素をとるべきか。

本当であれば多くの栄養素をバランスよく摂取してもらいたいところですが

仕事中でなかなか時間が取れない方もいると思いますので、

最低でも糖質、脂質、たんぱく質の3大栄養素に加えビタミンを摂ってください。

近代の日本人は、糖質と脂質を過剰摂取している傾向にあります。

先ほどの菓子パンにカップラーメンは糖質の摂りすぎです。

そのため、気をつけるべきはたんぱく質とビタミンです。

ビタミンは、私たちの代謝を高めてくれる栄養素であり、代謝が高まれば運動をしなくても消費カロリーが増えるため痩せやすい体になります。

たんぱく質においても体を形成する栄養素であり、痩せるために必須のものです。

ビタミンは、野菜やフルーツに多く含まれ

たんぱく質は、ささみや納豆に多く含まれます。

特に朝食時に摂取すると効果があり、体の基礎を作るものになります。

以上2つを注意して食事をしていきましょう。

食事制限についてダイエットを成功させたいなら、筋トレより食事制限」でも詳しく書いてあるため参考にしてください。

 

筋トレで太りにくい体を作る

食事で痩せるための土台を作ったら次は運動です。

運動する意味を勘違いしてはいけません。

確かに運動することで消費カロリーが増え痩せることに繋がります。

ただ、運動することの本質は体質を変えることにあります。

脂肪を筋肉に変えることで体の代謝を高め

運動を行わなくても自然いカロリーが消費される体を作るために行います。

ここを間違えてしまうと、

せっかく運動したのに痩せない→やめる

という流れに繋がってしまいます。

体重を減らす基盤は、あくまでも食事であり

運動は痩せた後のことを考えて行われています。

まずは、無理のない程度で筋トレを始めてみましょう。

腹筋だけでなく、背筋、太ももなど全身の筋肉を鍛えることでより代謝も上がってきます。

代謝を上げるためだと理解して行いましょう。

 

余裕がある方は、ランニングも取り入れてみる

食トレ+筋トレでは物足らない方は、ランニングを行うことを推奨します。

ランニングも筋トレと同じで体質を変えるために行うものであります。

ただ筋トレと違うところは、走ることでダイエットに対してのストレスを解消できる点にあります。

食事制限に筋トレ。

今までの生活を変えてダイエットをすることは、思っている以上にストレスになります。

ランニングを行い、汗を書くことで気分が良くなり

ダイエットをするモチベーション維持にも影響を与えてくれます。

息が上がるほどのランニングをする必要なないため

楽に走りきれるペースで走ってみてください。

筋トレやランニングについて「ランニングや筋トレに適した時間帯っていつ?」ランニングのコツ!3つの疲れない方法」にも書いてあるので興味のある方は読んでください。

 

体型が変われば人生が変わる

最初にも言いましたが、これは本当です。

覚悟を決めて人生を変えましょう。

ダイエットが続くか続かないかいろんな理由はありますが

一番は「覚悟があるか」だと思っています。

本気で変わりたいと思っているのであれば

考えなくても続けています。

今この記事を読んでいるあなたも覚悟を持って始めてみてください。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です