熱帯夜の中ランニングしても大丈夫?という疑問に対処法を答えます!

夜でも蒸し暑い日が続く毎日…

夜ランニングを日課にしてたけど、なかなか走る気になれない…

どうすれば夏の暑い夜でも走ることができるのでしょうか?

蒸し暑い中走るときは、いくつかの注意点さえ守れば、夏バテ対策にもなリます。

今回は、熱帯夜の中走るときの注意点と夏ランニングのメリットを書いていきます。

 

熱帯夜の日に走るならこまめに水分補給をする

暑い日にランニングをするなら、水分補給が大切なのはみなが知っていることです。

ただ、水分は時間をかけて体内に吸収されるため、一度にたくさんの水分をとっても、すぐ汗や尿として排出されてしまいます。

特に暑い日はそもそもの発汗量が多く、水分が排出されやすい環境にあります。

そのため、走る前からこまめに水分補給をしておくことで体に水分を貯めておき、脱水症状になることを防ぎます。

また、走り方も注意が必要です。

暑いというだけで普段よりも体力を使うため、いつものペースより遅いペースでランニングしましょう。

気温が高いと、動きやすいためペースがはやくなりがちです。

意識的にペースを抑えるくらいがちょうどいいです。

熱帯夜の中走るならこまめに水分補給する

夏ランニングは発汗力を高め、夏バテ対策になる

みなさんは熱中症になりたくないから走りたくない!と思っているのではないでしょうか?

むしろ夏のランニングは、熱中症対策になります。

熱中症は、冷房の効いた部屋に長時間いることで汗をかく力が弱まり、体温調節ができなくなることから発症します。

そのためランニングをせず、部屋の中にいることが熱中症になる原因になっています。

夏ランニングをすると、発汗力が高まるため熱中症や夏バテの対策にもなります。

ダルさを吹く飛ばして暑い日でも活発に動きたいなら走るべきです。

 

夜ランニングはまとまった時間をとれることがメリット

夏ランニングを行うのは、夏バテ対策に効果があるが、日が出ているときに走るのは自殺行為に近いです。

夏ランニングするとしたら、日が出ていない夜にしましょう。

夜でも湿気が多く、蒸し暑いが日が出ていないだけでも、暑さは変わってきます。

また、夜のランニングはまとまった時間をとれるのがメリットです。

朝、昼にランニングをすると後に予定があるため、時間が限られます。

しかし、夜であればある程度まとまった時間が取れます。

体力向上にしても、ダイエットにしても長い時間走れることで効果が出ます。

はやめに結果が欲しいなら夜ランニングするべきです。

 

まとめ

毎日暑い日が続いています。

夜でも涼しく感じることがなく、熱帯夜の状態です。

健康のためのランニングで、体調不良になってしまっては意味がありません。

しっかり対策をしてランニングを行いましょう。

そうすることで、夏にも負けない体になれます。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です