猛暑日でも走りたいあなたへ!気をつけるべき2つのこと

今年の夏は猛暑日が続いているが、走るのは大好きな人は暑くてもランニングしたい!と思っているでしょう。

猛暑日に走る際は、何に気をつけるべきでしょうか?

気をつけるべきは、補給の仕方と時間帯!

今回は、

・猛暑日のランニングで気をつける大前提のこと

・猛暑日の朝ランニングをするメリット

・猛暑日の夜ランニングするメリット

の順で書いていきます。

 

猛暑日の水分と栄養補給は、こまめに行うことで効果がある

まずは、猛暑日や夏場ランニングするときの守るべき大前提のことを確認します。

夏場は特に汗をかくので、水分補給や栄養補給が重要です。

特に塩分は汗で排出されてしまうため、注意して補給しなければいけません。

猛暑日ともなると、水分や栄養の消費が激しく熱中症や脱水症状になる恐れもあります。

熱中症にならないためにも、こまめに水分補給を行ってほしいです。

喉が渇いたと感じた時は、すでに軽い脱水症状になっていて、喉が乾く前に水分を補給するのが本来の形です。

また、塩分を含めた栄養も同じで、定期的に摂取するタイミングをあらかじめ作っておくといいのです。

たまに水分を一度に大量に取る人がいるが、あまり水分補給の効果は得られません。

一度に多くの水分を取ると、汗や尿ですぐに体外へ排出されてしまいます。

せっかく飲んだ水分を体の中に留めておくために、こまめに水分や栄養を摂取しましょう。

夏バテ対策には何をするべきか?

 

朝のランニングは、涼しく走りやすいが、念入りな準備が必要。

猛暑日のランニングで、重要なのは走る時間帯です。

時間帯さえ気をつければ、熱中症などになる可能性は低くなります。

夏のランニングにおすすめな時間帯は、早朝夜です。

まずは、早朝ランニングのメリット、デメリットについて書きます。

早朝ランニングのメリットは、気温が涼しいところであります。

また、一日の生活リズムができ仕事がはかどります。

夏場で、一番気温が低い時間帯は、早朝です。

やはり気温が低ければ走りやすく、脱水症状にもなりにくいです。

また、朝一番で太陽の光を浴びることで、体が目覚め、脳も活性化します。

仕事中も頭が冴え、どんどん仕事が片付いていくでしょう。

ただ、早朝は体がまだ起きていないため、ストレッチなどを入念に行って準備運動する必要があります

朝、時間がなく忙しい方は早朝ランニングは難しいかもしれません。

早朝ランニングの効果は?

 

夜ランニングは、日差しを気にする心配がないが、寝る前に走ると寝れなくなる恐れも

夜ランニングをすると、日差しの心配をする必要はありません。

日差しは気温や体温を上げるため、熱中症の原因になりやすいのです。

夜がその心配がないため、朝よりも気軽に走ることができます。

また、一日過ごしてきた後であり、すぐに走り始めることができるものいい点です。

また、夏は気温が高いのに加え、体も一日働いているころで温まっているため、怪我をしにくい時間帯でもあります。

ただ、寝る直前にランニングを行うと、眠たくならないこともあります。

体の中の交換神経が優位に働き、睡魔が訪れるのを邪魔するかもしれません。

できるだけ寝る2時間前には、ランニングをします。

夜ランニングは痩せるのにも効果が?

 

まとめ

猛暑日でもランニングがしたい!!

と思っている方は、水分と栄養素をこまめに取ること、走る時間帯は早朝か夜にすることの2点を守れば、熱中症や脱水症状になることはありません。

あなたに合った時間や方法を探しながら、試してみましょう。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です