男性が意外と知らないダメな洗顔

しっかり顔を洗っているのに、肌荒れが治らない…

そもそも洗顔の方法に問題があるのかもしれません。

女性は、スキンケアの情報が自然と耳に入ってきますが、男性の場合調べるしかありません。

そのため、間違った方法で洗顔を行なっている方もいます。

洗わないよりマシですが、間違った洗顔方法は肌荒れも原因に繋がります。

せっかくスキンケアを行おうと思ったのであれば正しい方法を学びましょう。

今回は、男性が意外気づいていない洗顔の誤った方向と正しい洗顔方法について書いていきます。

水の温度は、ぬるま湯くらいがいい

多い間違いとしては、水温が挙げられます。

例えば、冷水で洗うと顔が引き締まって肌にいいと勘違いされている人もいます。

ヒゲそりの後に、冷水で汚れを落とすのが効果があるのと混ざっているのかもしれません。

洗顔は、ぬるま湯で行うのがいいとされています。

冷水や熱い水で、顔を洗うと余分な成分まで落としてしまい、肌にとってよくありません。

洗顔を行う場合は、ぬるま湯で軽く洗い流す程度で十分です。

泡をのせてから1分程度で汚れは落ちる

次の勘違いは、長く洗顔を行えばいいと思っていることです。

たしかに、顔をしっかり洗えば汚れが落ちた気になります。

それと同時に、肌に必要な角質層なども落ちていることを忘れないでください。

洗顔料のつけて洗うのは1分程度で十分です。

その後、ぬるま湯でやさしく流せば毛穴に詰まった汚れは落ちていきます。

洗顔料も使い方を間違ってしまうと、肌を痛めつけてしまいます。

気をつけて使いましょう。

また、肌が弱い方や乾燥肌の方は30秒程度でもいいですし、無理に洗顔を使う必要はありません。

私自身、肌が弱いため、朝の洗顔では洗顔料を使わないようにしています。

理想的な洗顔はあるものの、絶対ではありません。

あなた自身行なってみて肌の調子がいいものを採用しましょう。

1日の洗顔は2回まで

肌荒れやニキビができると、はやく治したいため1日に何回も顔を洗う人がいます。

これは完全に逆効果です。

繰り返しになりますか、肌に必要な成分も落とすことになります。

いくら化粧水や乳液で保湿したからといっても、限界があります。

1日に洗顔は2回までです。

朝と夜の2回が望ましいでしょう。

特に朝の洗顔は、重要です。

私たちが寝ている間にも、顔から皮脂が分泌されておりそのままにしておくおニキビの原因にもなります。

どうしても、肌荒れやニキビを治したいのであれば病院に行くことをおすすめします。

素人知識で行うことは、逆効果になる可能性が高いです。

困ったらすぐに病院に相談しましょう。

洗顔のポイントは、とにかくやさしく

では、理想的な洗顔はどのようなものでしょうか?

順に書いていくと

1.ぬるま湯で顔をすすぐ

2.洗顔よく泡立てる

3.おでこ→鼻→頬→目や口の周りの順番で洗う

4.ぬるま湯ですすぐ

という流れになります。

おでこ、鼻には皮脂が多いため集中的に洗ってもいいですが、頬や目の周りなど柔らかい部分は丁寧に洗ってください。

こするのではなく、泡をのせるだけで十分です。

ゴシゴシ洗った方が、汚れも落ちている気になりますが肌が傷ついてしまうためよくありません。

肌をキレイにしたいと思うなら、赤ちゃんを扱うように肌も触ってあげてください。

洗顔に正解はない!いろいろ試してみよう

誤った洗顔方法と理想的な洗顔方法を理解してもらえたでしょうか?

肌は人によって状態も性質も違ってきます。

私のように肌が弱ければ、洗顔料を使いすぎるのはよくありません。

また、すでに肌が荒れている人にとってもさらに悪化させることになります。

めんどくさがらず、日々肌の調子を確認してあなたに合った洗顔方法を見つけましょう!

肌がキレイな女性の苦労が分かってあげれるかもしれません。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です