肌の赤みの原因はスキンケアにあり!赤みをなくすためのスキンケア

今回は、頬や鼻の赤みに悩んでいる方にむけた記事となります。

肌の赤みは、間違ったスキンケアが原因

スキンケアをしっかり行っているのに、肌の赤みがなくならない…

このように悩んでいる男性も多いと思います。

女性と違って化粧で隠すことができないため赤みが気になりますよね?

その赤みは、あなたのスキンケアに問題があるのかもしれません。

赤みに対する理想的なスキンケア方法を学んでいきましょう。

肌に合わないスキンケア は、逆効果になる

肌の赤みは、トラブル連鎖のサインともいわれています。

肌が赤くなる人の多くは敏感肌であり、バリア機能そのものである潤いがほとんどない状態です。

そのため、外部からの刺激を受けやすく、小さな刺激でできた炎症を治そうと「毛細血管」が活発に広がった結果が肌の赤みとなります。

外部からの刺激は、紫外線やほこりなど生活しているなかで受けるものもありますが、スキンケアのやりすぎも肌への刺激になってしまいます。

一般的なスキンケア 方法は、敏感肌の人にむいていない場合もあり肌にあっていない可能性もあります。

自分自身の肌にあったスキンケア方法を見つけ出すことで、赤みを治すことができるはずです。

なぜ赤みが出るのか知ること

赤みをなくすためには、なぜ赤みが出ているのか知ることが大切です。

赤みが出る要因は、いつかあるためひとつずつ見ていきましょう。

1、角質層が薄くなり、バリア機能が働いてない

年をとることによって肌の一部である角質層は減少していきます。

角質層とは、私たちの肌の水分の蒸発を守ってくれる働きがあります。

しかし、年齢とともに角質層が薄くなり乾燥肌になったり、肌荒れを起こす原因となります。

角質層は肌を守る働きをするため、薄くなると刺激を受けやすくなり肌の赤みに繋がります。

美容液や乳液で肌を守る必要があります。

年齢にあったスキンケア が必要になるということです。

2、洗顔のやりすぎによる赤み

たまに勘違いされているのが、肌がベタつくからといって一日に何回も洗顔をする方がいることです。

洗顔のやりすぎは、肌の角質層や水分を奪ってしまうのに加えて肌に刺激を与えます。

また、汚れを落とすためにゴシゴシ洗顔することも赤みの原因となってしまいます。

肌の汚れは、泡で優しく撫でるように行うことで落ちるものであり強くこする必要はありません。

洗顔の目安は、朝と夜の2回程度で十分であると思います。

3、刺激の強いスキンケア 用品の使用

化粧水や乳液にも多くの種類があり、香料やアルコール成分が含まれるものもあります。

敏感肌の人にとっては、アルコール成分が肌へ強すぎる刺激となり肌が反応してしまうこともあります。

ネットでおすすめしているものでなく、配合されている成分によってスキンケア 用品を購入しましょう。

赤みをなくすためにできるだけ肌に刺激を与えない

では、赤みを抑えるために何を行うべきなのでしょうか?

1、化粧水と乳液は、刺激の少ないものを選ぶ

化粧水にも低刺激タイプのものがあり、肌への負担が少ないため優先的に使用しましょう。

また、「セラミド」という成分は肌の角質層の代わりとなる働きをしてくれるため配合されているものを使ってみることもいいかもしれません。

2、紫外線対策を行う

外部からの刺激で一番大きなものは、やはり紫外線でしょう。

めんどくさがらず日焼け止めを普段の生活の中でも使用しましょう。

3、睡眠時間をたくさん取る

睡眠は肌にとってとても重要なことです。

1日7時間の睡眠を心がかけましょう。

4、ビタミンCを摂取する

肌の回復にとってビタミンCは効果的です。

食事のみならず、サプリメントを使ってビタミンCを摂取しましょう。

5、洗顔を見直す

洗顔料が肌にとって刺激となる場合もあるため、もし赤みが引かないときは水洗顔を行って見てください。

37℃程度のぬるま湯で、顔をすすぐ程度でいいです。

敏感肌の方は、洗顔料が合ってない方もいます。

まとめ

今回は、顔に出る赤みについて書いてきました。

赤みが出る原因の多くが、自分に合っていないスキンケア の方法を行なっているためです。

ネットやホ他の人から得た情報をそのまま行い、肌に刺激を与えてしまうこともあります。

人それぞれ肌の状態や環境が違うのですから、スキンケア の方法も違うはずです。

少しずつ試していく中で、自分に合った洗顔方法を見つけましょう。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です