【要注意!】CW−Xは寝るときに着てはいけない!その理由とは…

ワコールのCW-Xは、「テーピング 原理をタイツに組み込む」発想から生まれたサポートタイツです。

運動の時だけでじゃなく、日常生活でもCW-Xの効果は発揮し多くの利用者がいます。

しかし、寝るときも疲労回復が見込めるからと言って履いてないでしょうか?

CW-Xなどのスポーツウェアは寝るとき履くと血行が悪くなる恐れがあります。

今回は、寝るときにスポーツウェアを履く危険性について書いていきます。

 

寝るときにCW-Xなどのスポーツウェアを着ると血行が悪くなる

CW-Xのようなスポーツウェアは確かに着ることで関節や筋肉がサポートされるため疲労回復効果があります。

だけどそれは運動をする時だけであって、長時間止まっているときを筋肉を圧迫し続けて血行が悪くなることもあります。

血行が悪くなると、代謝やまた体温の低下につながるため、疲労回復や足のむくみ解消を目的に来ている人は逆効果になります。

スポーツウェアは、本来体を動かすことをサポートするものであり、構造も動きをサポートするものになっています。

そのためCW-Xを製造しているワコールなどのメーカーもホームページに就寝時にスポーツウェアを着ることを禁止しています。

寝るときにスポーツウェアは着ないほうがいいのです。

デサントのSKINSは、寝るときでも着れる

ただ唯一スポーツウェアの中で寝るときに着れるものがあります。

それはデサントのSKINSです。(※以下スキンズと表示)

スキンズは段階的気圧設計で疲労の回復を図り、マッサージ効果もあります。

寝ているときに筋肉を気圧によって和らげることで、起きた時疲労が回復している状態になるのです。

もちろんのスキンズは運動時にも効果が発揮されます。

疲労回復やむくみを解消したい人は、スキンズを着用して寝てみるといいと思います。

実際に、利用者の中にもスキンズを着て寝たらすごい体が軽くなった、疲れがたまらなくなったと言う声を聞きます。

スキンズは、タイツだけでなくふくらはぎなど部分的に履くものもあります。

疲れを感じるところに履いてみましょう。

睡眠の質は、日常生活の充実度に関係してくる

疲労回復ができるのは、スポーツウェアを着ることだけではありません。

睡眠の質を上げることで疲労回復ができます。

例えば、夕食は寝る3時間前に食べることや寝る前に温かい飲み物を飲むこと、ぬるめのお湯に入浴をすることで睡眠の質を上げることができます。

スポーツウェアを着ることも疲労回復において効果はありますが、普段の生活から変えていきましょう。

CW-Xなどのスポーツウェアは、健康的でない方が使用すると悪影響になる可能性もあります。

もともとの体の健康があってこそ、本来の力を発揮できるのです。

まずは、日常生活を見直し健康的な体になりましょう。

まとめ

寝るときにスポーツウェアは着ないようにしてください。

あくまでも運動時のサポートをするものです。

確かに関節や筋肉を保護してくれるため寝ながら疲労が回復できるというイメージをもたれるかもしれません。

ただ長時間じっとしている中で筋肉が圧迫されるのはやはり体にとって良くないです。

それより質のいい睡眠をするために、規則正しい生活を送りましょう。





夜ランニングのススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です